避難訓

避難訓練、逆効果、例

避難訓練は、実際に火事や地震などの災害が起こったときに備えて、皆が安全に避難できるように行うものです。しかし、そんな避難訓練が逆効果になった例もあります。それは、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震の際に、岩手県釜石市の拠点の避難所として指定されていた、鵜住居地区防災センターという場所で起きました。その、岩手県釜石市の鵜住居地区防災センターは、津波が収束した後の第二次避難所として、指定されていました。実際の災害が起こったときに、これまでの避難訓練通り、その場所にたくさんの住民が避難しました。しかし、その避難した人々のうちの54名が、誠に残念ながら津波にのまれて亡くなってしまいました。
以前は、津波が発生したときの緊急避難所として、高台にある第一次避難所が選ばれていました。しかし、2010年5月と2011年3月3日には、この1次避難所ではなく、上に記載した第二次避難所、つまり鵜住居地区防災センターを避難先とする、避難訓練が行われていました。これは、高齢者への負担を軽減するのために配慮された措置でした。しかし、逆に本当に災害にあった際に、誤った判断をしてしまう、という結果を生んでしまいました。二度とこのようなことがないように、避難訓練は本当に災害が起こったときと同じ想定をして行わないといけないと思います。本当に災害が起こったときに、住民がパニックにならないように、絶対に安全な避難場所に、訓練のときから避難するようにするべきでしょう。

 避難訓練、逆効果、例 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi