避難訓

避難訓練、簡易トイレ

避難訓練を行うことも大事ですが、防災グッズを備えておくことも避難訓練と同様に非常に大切です。
地震が起こって避難生活をしているときに、欠かせない防災グッズの1つに、簡易トイレがあります。
阪神淡路大震災が起こったときや、昨年2011年に東日本大震災が起こったときもそうでしたが、簡易トイレが避難所などの場所に取り付けられるまでには、意外と時間がかかりました。その間の避難所の衛生状態は、ひどかったそうです。たくさんの人々が生活しているのですから、当たり前のことでしょう。私たちにとって、用をたすことは、食べ物や飲み物同様に、欠かせないものです。
今までの地震の経験上、簡易トイレの大切さが明るみに出てきました。今では、水を使わずに、数日間はトイレに困らないという、画期的な簡易トイレが販売されています。地震が起こった直後から、水を使えない状況に陥ると思われます。よって、水が必要なタイプのトイレは使用できなくなります。
この水を使わない簡易トイレは、水の代わりに、薬剤を使います。販売メーカーいわく、5人家族が使用して、3日間は使用可能だそうです。
使い方としてはまず、付属の袋をトイレの中に広げます。トイレは洋式トイレでも、和式トイレでも構いません。それだけでなく、トイレがない場合は、バケツやダンボールなどでも、使用可能です。
そこに排便し、ウエットティッシュなどで拭きます。そしてそのウエットティッシュも一緒に、袋の中に捨てます。そしてそれらの上から、付属の液体の薬剤を散布します。この液体タイプの薬剤の正体は、消臭剤です。消臭剤を散布したら、その付属の袋の口を結びます。
そして、この簡易トイレのメリットは、可燃物として処理できるというところです。

 避難訓練、簡易トイレ 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi