避難訓

避難訓練、種類1から3

前に章で紹介したように、現代ではさまざまなシチュエーションに備えた、さまざまな種類の、避難訓練が行われています。この章では、その主に14種類ある避難訓練のうちから、3つのタイプの避難訓練を紹介していきます。
1つ目に紹介するのは、大規模な交通事故を想定した避難訓練、または防災訓練です。これは、トンネル内の事故によって、火災が起きた場合の避難訓練などのことをいいます。他にも、高速道路の多重衝突事故などの避難訓練も、これに含まれます。
2つ目に紹介するのは、水害を想定した避難訓練、または防災訓練です。この避難訓練は、主に河川の流域などの場所で行われます。堤防の決壊に供えた土嚢の作製は、水害を想定した避難訓練で、よく行われるものです。そのほかにも、水防工法の実施や、堤防が決壊した場合の避難や誘導などの避難訓練も行われ、これらは水防訓練ともよばれています。
3つ目に紹介するのは、火災を想定した避難訓練、または防災訓練です。これは、主に初期の消火を目的とした避難、防災訓練です。一方消防署では、コンビナート火災と呼ばれるものや、ビルの火災など、いろいろなタイプの火災に対応した避難、防災訓練が実施されています。近年では、レスキュー用の設備が充実してきています。そのため、レスキューを含めた、避難、防災訓練を充実させることができるようになってきました。また、先ほど述べた、コンビナート火災においては、周辺に住む地域住民の避難、防災訓練も行われる事があるそうです。

 避難訓練、種類1から3 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi