避難訓

避難訓練、3.11、鹿島

鹿島アントラーズが2012年の3月11日、つまり東日本大震災が起こった翌年の同じ日に、鹿島アンドラーズの本拠であるカシマスタジアムで、試合開催時に地震が起こることを想定した避難訓練を実施しました。
鹿島アントラーズは、日本プロサッカーリーグ、通称Jリーグに加盟している、プロサッカークラブの名称です。鹿島アントラーズは、日本の茨城県鹿嶋市や神栖市、潮来市や行方市、また鉾田市などにホームを置いています。
今回の避難訓練では、選手8名に加え、スタッフや、ボランティアの人々、またたくさんのサポーターなど、総勢およそ550人が参加しました。震源は茨城県沖と想定し、震度6強の揺れを観測したという設定とされました。スタジアム場内の誘導や、負傷者に対しての対応、売店で火災が発生した際の消火作業など、避難訓練はかなり本格的に、本番さながらに行われました。取締役兼事業部長である、鈴木秀樹氏は毎年、東日本大震災が起こった3月11日には、避難訓練を続けていきたい、と来年以降も継続して避難訓練を行っていくという予定を発表しました。また、今回の避難訓練が終了したら、多くの人々からさまざまな意見を集約して、今後の避難訓練に生かしていきたい、と話しました。
また昨年起こった東日本大震災では、通信機能の重要性を感じました。地震や津波などが起こった災害のときでも、いつでも情報を共有できるように、もうすでにオフィシャルSNSフェイスブックである、コンシュル樹という名称のものを開設しています。それを、この日の避難訓練でも活用しました。さらに、スタジアムに集まったおよそ4万人の人々が、一斉に電話やメール、ネットなどを、同時に一斉通信ができるように工事行われており、2012年内にその工事が完了する予定です。

 避難訓練、3.11、鹿島 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi