避難訓

避難訓練、地震、アメリカ

2012年5月31日に、アメリカ西部に位置するオレゴン州の太平洋に面した3つの町で、地震と津波を想定しての避難訓練が行われました。この避難訓練は、昨年2011年の3月に日本で起こった東日本大震災を教訓に行われ、数千人ものアメリカ国民が参加しました。これほど本格的で、規模が大きな避難訓練が実施されたのは、この地域では初めてのことだといいます。
オレゴン州のクーズ郡には、クーズベイという都市があります。このクーズベイは、オレゴン州の太平洋岸に面する都市の中では、最も大きな都市です。
このクーズベイでも、地元のラジオで避難訓練の開始が放送されました。小学校では生徒たちが机の下にすばやく身を隠し、その後教員たちの指示に従いきちんと整列をして、住民と一緒に高台へと避難しました。
この地域に住む住民たちの津波に対しての意識は、東日本大震災が起こる前までは、高いとは言えませんでした。今からおよそ10年前に、津波が来たときに備えて避難経路が記された標識を設置しました。しかしその頃は、住民たちはここで津波なんて起こることはない、と考えていたり、津波の恐ろしさを知らなかったために、そんなことをしたら観光客がおびえてしまう、といったような苦情が出たといいます。
今回行われた避難訓練では、地元当局者らが数週間という時間をかけて、各家庭を訪れて避難訓練の実施や避難経路を説明したといいます。クーズベイの消防署長は、日本の東日本大震災の際に起こった津波の影響で、防潮堤が壊れ、建造物や車が流されるところの映像をテレビで見たことで、住民たちの関心が高まったのだろう、と話しました。
オレゴン州の太平洋岸付近には、プレート、つまり岩板の境界があるといわれています。同州政府は、これから30年間の間に、規模の巨大な地震と津波が起こる確率を10パーセント程度と試算しています。

 避難訓練、地震、アメリカ 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi