避難訓

避難訓練、山口

2012年の5月16日の地方版、毎日新聞によると、山口県柳井市に位置するある小学校で、地震や津波の被害を想定した避難訓練が行われたようです。
2012年の5月15日に、山口県柳井市の市立小田小学校で、安芸灘を震源として震度7の地震が起こったとの想定で、地震、また津波の被害に対する、避難訓練が実施されました。その小学校の若本英子校長と、職員、生徒を含めた97人で、その避難訓練は行われました。その避難訓練は、緊急地震速報に基づいて行われたもので、生徒たちは緊急地震速報を聞くと、教室ですぐに机の下に隠れました。
この小学校は道路を挟んで海岸に面しています。去年2011年に起きた東日本大震災を教訓に、去年から津波の被害も想定した避難訓練を行っています。避難訓練を前に、下関地方気象台の地震津波防災官である池田敦さんがお話をしてくれたようです。その中で、池田さんは、避難の際には頭を守ること、それから、押さない、走らない、喋らない、戻らないの頭文字を一文字づつ取って作られたおはしも、という標語の教えを守ることを強調しました。
当初の予定では、緊急地震速報を受けてから、小学校の近くに位置する高台に避難する予定でした。しかし、当日は雨だったために、急遽体育館へ避難することになりました。防災官である池田さんが、生徒たちに地震と津波のメカニズムを解説してくれました。そして、強い地面の揺れを感じたら、迷わずただちに高い所に逃げることが、津波から自分の身を守ると力説しました。若本校長は、いざ地震や津波が来たときに、この避難訓練を思い出し、この経験を生かすようにしてくださいと訴えました。

 避難訓練、山口 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi