避難訓

避難訓練、会社

企業や会社では、日々他の問題で忙しく、避難訓練に割いている時間は、あまりないと考えられているのが現状でしょう。特に、会社が地震多発地帯にあって、地震災害によって工場が倒壊し死傷者が出た、というような生々しく恐ろしい体験などがない限り、社員や従業員たちの、避難訓練に対する関心が低いのは当然のことでしょう。毎日の日常業務におわれ、避難訓練のことになど、頭が回らなくなります。こうして、避難訓練は形骸化していってしまうのです。
現実には避難訓練に対する社員の意識は低いので、実際現実に地震が発生した場合に、ひとりひとりがちゃんと、適切な対応の処置や判断ができるかどうかは、非常に疑問です。
あの有名な作家、夏目漱石の弟子に、俳人であり、さらに物理学者でもある、寺田寅彦という人物がいました。その寺田寅彦は、天災は忘れた頃にやって来る、という言葉を残しています。私は、彼の残したこの言葉は、本当にその通りだと思います。今はまだ、去年2011年の3月に起こった東北大震災のことが、鮮明に私たちの記憶に残っていることと思います。大事なのは、この記憶が薄れかけ始めたときです。
私たちは、この彼の残した言葉を肝に銘じて、避難訓練を行うべきです。従業員たちに定期的に、適切な避難の方法を考えさせることを、習慣を付ける必要があります。また、地震が起こったときに、どのような対応を取るべきかということを考えさせ、自覚を持たせることが大事です。このことが、会社における、形骸化しない避難訓練の秘訣である、といえるでしょう。

 避難訓練、会社 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi