避難訓

避難訓練、職場

2011年の3月11日に、世界中を騒がせた、あの東日本大震災が発生しました。そして、それから1年以上が経過しました。テレビでは今もなお、たくさんの番組で、震災に対する検証や、復興に向けての取り組みについての内容を放送しており、震災が起こったという事実を否が応でも再認識します。
ここで、ざっくりと、一般的な企業の避難訓練の手順についてをご紹介いたします。
避難訓練の手順は、非常に単純なもので、地震が発生した後、机の下に隠れます。その後揺れがある程度おさまったら、駐車場などの指定された避難場所に逃げる、という非常にシンプルな手順です。
避難訓練は、社内での事前に、いつ避難訓練をします、という告知に基づき行われます。そして、避難訓練の責任者は、避難訓練の手順を実施した様子を捉えた写真と、コメントを添えて、避難訓練の記録を作成します。避難訓練の責任者が残すコメントというのは、たいてい以下のような内容です。今回の避難訓練の実施で、職員全員の防災意識が高まりました。また、避難経路を確認することができました。たいてい、このようなコメントを記録し、避難訓練は終了です。
上記の内容を、杓子定規に審査するのであれば、以下のようになります。緊急事態が発生した後の対応手順であります。対応手順のテストの実施を行っています。対応手順の妥当性などがあり、避難訓練の結果を評価しています。と、いうことが言え、この企業の行った避難訓練になんの問題もありません。

 避難訓練、職場 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi