避難訓

避難訓練、効果的、ルール1から3

効果的な避難訓練を行うための七つのルールがあるので、まずこの章では三つのルールをご紹介いたします。
一つ目のルールは、毎年時期を決めて、定期的に行うというものです。
可能であれば、一年に一回以上は、定期的に避難訓練を実施したいものです。日本では、9月1日は防災の日と決められています。そのため、この日の周辺を防災週間とし、避難訓練を実施する企業が多いようです。しかし、もちろんこの防災の日以外の日でも結構です。ポイントは、不定期に行うのではなく、毎年避難訓練の時期を決定して実施することです。毎年恒例で避難訓練があると、従業員たちに認識されるので、従業員たちの意識も高まります。また、テナントビルに入居している企業の場合は、他のテナント企業の人々と一緒に、合同で避難訓練を行う場合もあるでしょう。
二つ目のルールは、緊急連絡網による連絡を、避難訓練のときも実際に行ってみるというものです。
緊急連絡網が、実際に災害が起こった状況で機能するかどうかを確かめるために、連絡訓練を行うとよいでしょう。社内の電話や、携帯電話だけでなく、パソコンのメールや携帯のメールも利用して、情報を伝達します。このときに、電話番号や、メールアドレスに変更がないか、よく確認しておきましょう。万が一、電話番号やメールアドレスに変更があった場合には、必ず修正をして、社内の全員に知らせなければなりません。
三つ目のルールは、防護訓練を行うというものです。
自身の身の安全が、まず第一に大切なことです。東北で起こった大地震のような、大きな揺れを伴う地震の場合では、建物外へすぐに脱出することが困難です。地震の揺れが収まるまで、まず机など安定したものの下に隠れるべきです。緊急事態が発生した直後の行動の確認が必要です。

 避難訓練、効果的、ルール1から3 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi