避難訓

避難訓練、コツ

どうやら、避難訓練のための、地震、災害マニュアルというものが存在するようです。
そして、避難訓練の内容は、地震、災害マニュアルに記しておくべき対象となっているらしいのです。その、地震、災害マニュアルに書かれている内容を熟読して理解しておくことは、非常に大切です。しかし、緊急時にあなたが落ち着いた行動を取れるかどうかは別の問題となってきます。天災事変は、予測不可能ともいえますから、想定外のことも起こりえます。机上の論理ではなく、避難訓練を定期的に、全従業員の参加のもと行うことが、なにより大切といえます。また、避難訓練にもコツがあります。定期的に毎回行うだけでは、避難訓練がマンネリ化してしまう可能性があるからです。参加する従業員に、避難訓練中の役割分担をさせて、避難訓練を実施することがコツだといえます。そして、その役割の配分を、毎回の定期的な避難訓練で、変えて行うのです。それらの役割には、例えば以下のようなものが考えられます。避難誘導担当者や、救護担当者などです。つまり、オブザーバーにしないことが大切であるといえるのです。
先に述べたように、ひとりひとりに役割を与えるなど、避難訓練を、効果的で、意味のあるものにしなければ、あまり避難訓練を行う意味がありません。他にも、緊急時の連絡の仕方や、救出や救護の訓練などを含んだ、効果的な避難訓練を行う上でのコツやルールなどがあります。それらの細かなコツやルールなどは、後の章で、ご紹介いたします。

 避難訓練、コツ 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi