避難訓

避難訓練、レスキューフーズ

避難訓練などの防災訓練のほかに、地震対策として欠かせないものは、食料などの準備です。避難訓練などの防災訓練の中には、食料の準備や、炊き出しなどの調理訓練も含まれています。この章では、食料について紹介します。
防災グッツである非常食は、基本的には缶詰です。普通のスーパーでは、ツナの缶詰や秋刀魚の缶詰、フルーツの缶詰など、さまざまな種類の缶詰が売られています。このような缶詰は、普段の食事用のものであって、非常食ではないと思います。しかし、缶詰の賞味期限は他の食品に比べてもともと長いので、これらの通常の缶詰を非常食として用いても問題はありません。
では、このような普通の缶詰と非常用の缶詰では、どこが違うのでしょうか。
それらの違いはただ一つ、保存年数の違いです。非常用の缶詰の方が通常の缶詰より、賞味期限が長く作られています。
しかし先ほど述べたように、もともと缶詰の保存年数は2年から5年ほどであり、長いので、通常の缶詰を非常食として用いても良いでしょう。
缶詰の他にも非常食はあり、それらはレスキューフーズと呼ばれているものが多いようです。
レスキューフーズは、作るのに水も火も必要ありません。代わりに、発熱用の溶液や袋が一緒にセットになって入っています。この発熱用の溶液や袋のおかげで、火や水を使うことなく、どこでもあったかい食事をいただくことができます。
乾パンや缶詰などと違い、寒い体を暖めることができるので、レスキューフーズは冬には特にありがたいでしょう。
しかしレスキューフーズは、保存年数が2年あまりと、非常食としては短いのが欠点です。そのため、こまめに賞味期限を確認しておく必要があります。

 避難訓練、レスキューフーズ 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi