避難訓

避難訓練、問題点

前の章でご紹介したような、企業の一般的な避難訓練には、なにも問題がないと記述しました。しかし、あえて辛口評価をするならば、少し問題が出てきます。地震が発生したときの一般的な企業の対応の手順や、避難訓練について、大きくわけて4つの問題点があげられます。
一つ目の問題点は、地震が発生した規模における、対応の手順が不十分であるということです。
詳しく説明すると、震度3の地震が起こった際の対応と、震度7の地震が起こった際の対応が同じではいけないということです。
二つ目の問題点は、地震が発生したときの業務や、業務を行っている場所における、対応の手順が不十分であるということです。
こちらも詳しく、例をあげて説明すると、地震が起こったときに、必ずしも事務所にいるとは限らない、ということです。もしも工場の中にいて、もしも作業中だったら、などとさまざまな起こりうるシチュエーションで、避難訓練を行うべきです。
三つ目の問題点は、実際に行った避難訓練の対応の手順について、妥当性があった、と評価できない、という点です。
なぜなら、妥当性があるか否かをはかる、基準自体が無いからです。例えば、避難場所に何分以内に社員全員が到着するか、などです。
また、四つ目の問題点は、あらかじめ想定した地震の規模や、遭遇場所に対して、現在行っている避難訓練の方法が適切かどうかを検証していない、という点です。
これは、避難訓練は、事前に告知して、皆の周知のもとで行われるのではなく、告知をせずに避難訓練を行うべきなのではないか、また別のやり方で行わなくてよいのか、ということです。

 避難訓練、問題点 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi