避難訓

避難訓練、効果的、ルール4から7

前の章では、七つのルールのうちの、三つまでをご紹介いたしました。この章では、残りの四つのルールをまとめてご紹介していきます。
四つ目のルールは、.警報装置作動の訓練と、消防署への通報の訓練を行う、というものです。
社内に、警報装置が設置されている場合には、その警報装置が正しく作動するかどうかを確認する必要があります。また、119番通報を行う訓練も実施するべきです。被害状況を想定して訓練を行い、情報の伝達方法などを覚えます。
五つ目のルールは、出火防止や消火訓練を行う、というものです。
火災は、地震以外の理由からも発生します。地震以外の事由でも火災の発生はありえるので、電源の遮断や、ガスの供給停止等の訓練も実施するべきです。訓練では、出火元を想定し、実際に消火器を使用して、消火活動のシミュレーションを行います。
六つ目のルールは、救出、また、救護訓練を行うことです。
けがをした人を救出したり、応急手当を施したりすることが必要であるという状況を設定して、訓練を実施します。その際、けが人役や、救護役をちゃんと決めてから実施しましょう。
七つ目のルールは、避難誘導訓練を行う、ということです。
まず、役割分担をし、ひとりひとりの役割を決めます。誘導を行う担当者は、従業員をすみやかに安全な場所に誘導し、避難させます。その際に、近所にある広域避難場所を確認しておきましょう。また、避難誘導訓練の当日には、実際に皆で移動してみることもよいでしょう。

 避難訓練、効果的、ルール4から7 

アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴  生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー  足痩せダイエット  ボトックス注射で小顔と若返り  ふとん丸洗い  ビキニライン脱毛処理  ブライダルエステ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi